日体大野球部優勝

日体大首都大学野球春季リーグ 完全優勝

 

昨日(23日)首都大学野球最終日が平塚球場で行われました。

勝てば日体大が優勝、負ければ東海大が優勝と言う大一番の試合でした。

そんなプレッシャーのかかる試合に見事勝利し、13期ぶり20度目のリーグ優勝

完全V(勝ち点5)で決めました野球手(チョキ)野球

 

いつも日体大野球部の選手が治療に来てくれてますが、リーグが始まって一気に

治療に来る選手が増えました。治療していてリーグ戦の大変さをすごく感じました。

それでも選手達は疲れていても、非常に明るく、絶対優勝すると言う気持ちを全面に

出していました。その気持ちに応えるため院長はじめ、他のスタッフも一生懸命治療

しました。

試合があるときは、首都大学野球のHPで速報を見て、点を取ったら喜び、取られたら

頑張れと応援し日体大の勝利を願っていました。

ドラフト候補の菅野率いる東海大から勝ち点を取った時には「これは優勝できる」と

思いましたが、リーグが終わってないので選手たちにはあまり意識させないように

しようと話し合い、いつもと変わらず明るく会話して治療していました。

そして昨日、筑波大を下し優勝を決めた瞬間はみんなで喜びました。早く選手のみんなに

おめでとうと言いたかったです。

 

ぴかぴか(新しい)監督、コーチ、そして選手のみんなおめでとうございますぴかぴか(新しい)

 

これで日体大は6月7日から始まる全日本大学選手権(神宮、東京D)に出場します。

次は大学日本一を達成してくれる事を願って 、選手の治療を頑張りたいと思います。

 

 春季リーグで表彰された選手

最高殊勲選手    辻 猛彦

    ベストナイン

  投手    辻 猛彦(4年)

  捕手    下川 祥太(3年)

 一塁手   白石 幸(4年)

 遊撃手   富岡 壮馬(3年)

 外野手   高橋 巧(4年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13997529
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)