ルーツ?

 今日、高校時代の陸上部の後輩が

開院お祝にお花をもって来てくれましたわーい(嬉しい顔)
開院の連絡もしてなかったのに誰ともなく聞きつけて

忙しい合間をぬって駆けつけてくれましたグッド(上向き矢印)
今日は「いろいろな方に応援してもらっているなぁ〜ぴかぴか(新しい)」と
「ありがたいな揺れるハートうれしいな揺れるハート感謝黒ハート感謝黒ハート」と今一度感じた一日でした。
 そんな彼に 鍼を打ちながら・・・ふと、昔の記憶が・・・本

彼が高校一年生で僕らが2年生の全日本ジュニアの東京都大会で
400mに出場している彼の予選と決勝の間に事件が・・・
決勝に進む彼に僕らがマッサージをしていた時 “チク右斜め下” 

「イタァ〜がく〜(落胆した顔)ちっ(怒った顔)」彼の叫び声が遠い記憶で誰がやったか忘れましたが

彼の足をゼッケンをとめる安全ピンで刺したのですスペード

そして、彼は決勝で自己ベスト右斜め上

そんな彼に我々先輩は 「あーあのハリ治療が効いたんだなぁ〜」と
今、思うとそれが僕の治療家としての原点だったのかもしれません・・・

 

その後、彼はそのハリのお陰かどうか高校三年のときには

関東を代表する400m・400mHの選手になりましたひらめき

でも、そんな思い出とともに、あの頃のように日々成長が感じられる様に

努力しなくてはとも改めて思いましたわーい(嬉しい顔)

“バブ”(←後輩のあだなです)今日は本当にありがとうexclamation

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13505227
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)